顔写真 (河岡).jpg

河 岡 慎 平

KAWAOKA  Shinpei
Associate Professor

東北大学 加齢医学研究所 生体情報解析分野 准教授
京都大学 医生物学研究所 臓器連関研究チーム 特定准教授

自己紹介

​たくさんあるデータを解析して適切な解釈を与えるプロセスが楽しいです。元々は昆虫学・生化学の 研究室の出身です。大学院時代に大規模シークエンス・インフォマティクスを学びました。2014年以降は自身のグループで研究をする機会を与えていただき、がんに起因する不調に関する研究、概日リズム撹乱、エンハンサー遺伝学、デバイス利用の生体影響に関する研究などにとりくんでいます。

I enjoy analyzing large-scale datasets to understand various biological phenomena. I was previously known as a "silkworm guy" in the field of PIWI-interacting RNAs, moved to the US to pursue cancer epigenetics, and then started to study host pathophysiology in cancers in 2014. I am interested in cancer-induced disruption of host homeostasis, circadian disruption and diseases/aging, and human-robot interaction.

経歴

2021年-現在

東北大学 加齢医学研究所 生体情報解析分野 准教授

2022年-現在

京都大学 医生物学研究所 臓器連関研究チーム 特定准教授 (組織名称変更)

2018年-2022年

京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 臓器連関研究チーム 特定准教授

2014-2018年

JST ERATO 佐藤ライブ予測制御プロジェクト グループリーダー

ATR 主任研究員


2012-2014年

コールドスプリングハーバー研究所 博士研究員

(日本学術振興会海外特別研究員→Human Frontier Science Program Long-term fellow)

2007-2012年

東京大学大学院農学生命科学研究科 修士課程・博士課程 (日本学術振興会特別研究員DC1)

2003-2007年

東京大学教養学部・農学部

2002-2003年

河合塾池袋校

1999-2002年

埼玉県立春日部高等学校

 
SDIM2815_edited_edited_edited.jpg

依 田 真 由 子

YODA Mayuko

東北大学 加齢医学研究所 生体情報解析分野 助教

自己紹介

もともと、ヒトがヒトである所以の謎を解くことに魅せられて入ったこの道。
そこで出会った生化学を軸に、分子レベルから個体レベルでの現象へと研究の興味を広げてきました。
生体内の複雑な現象を一つ一つ切り分けて観察できる生化学と大規模な情報データ解析を組み合わせ、緻密で繊細に制御されているヒトの生命現象を、ひとつひとつ丁寧に紐解いていきたいと思います。

経歴

2022年-現在

東北大学 加齢医学研究所 生体情報解析分野 助教

2021-2022年

京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 臓器連関研究チーム 特定研究員

2020-2021年

株式会社イクスフォレストセラピューティクス 研究員

2019-2020年

株式会社マイオリッジ 研究開発部 研究員

2017-2019年

愛知医科大学医学部内科学講座(神経内科)特別研究助教

2013-2017年

フランス・キュリー研究所 博士研究員(EMBO Long-term fellow)

2012-2013年

東京大学 分子細胞生物学研究所 RNA機能研究分野 (日本学術振興会特別研究員PD)

2009-2012年

東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻 博士後期課程

(日本学術振興会特別研究員DC2)

 
IMG_0639.jpg

原 田 綾 乃

HARATA Ayano

東北大学 加齢医学研究所 生体情報解析分野 助教

自己紹介

生き物の体が作られ、維持されていく過程で絶えず起こっている、ダイナミック且つ秩序だった変化を 現象として捉えていくことに興味があり、私にとっての生物学を研究する原点です。目の前の現象に  どのような意味があるのか、ひとつひとつ読み解いていくことを大切にしていきたいと思っています。

-好きなこと

おいしい物を食べに行くこと、おいしい物を作ってたくさんの人と食べる時間

音楽を演奏する、音楽に合わせて踊る

自然の中を歩き回る

経歴

2022年-現在

東北大学 加齢医学研究所 生体情報解析分野 助教

2021-2022年

京都大学ウイルス・再生医科学研究所 臓器連関研究チーム 特定研究員

2019-2021年

国立長寿医療研究センター研究所 博士研究員 

2018-2019年

琉球大学医学研究科 技術補佐員

2017-2018年

沖縄科学技術大学院大学 博士研究員

2014-2017年

JT生命誌研究館 博士研究員

2012-2014年

独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 臨床研究センター 技術補佐員

2008-2012年

鳥取大学大学院連合農学研究科 博士課程


2006-2008年

島根大学大学院生物資源科学研究科 修士課程

 
プロフィール用.jpg

小 西 理 予

KONISHI Riyo

京都大学 医生物学研究所 臓器連関研究チーム 特定研究員

自己紹介

学部ではがん細胞の機能、大学院ではマウスES細胞の樹立過程に関する研究を行いました。
現在はマウスの発生や代謝、老化、担がん状態の病態について研究しています。
ヒトとデバイスの相互作用を測定するための手法論の開発にも取り組んでいます。

経歴

2022年-現在

京都大学 医生物学研究所 臓器連関研究チーム 特定研究員 (組織名称変更)

2020年-2022年

京都大学ウイルス・再生医科学研究所 臓器連関研究チーム 特定研究員

2015-2020年

大阪大学大学院生命機能研究科生命機能専攻5年一貫制博士課程

2011-2015年

神戸女学院大学人間科学部環境・バイオサイエンス学科

 
図1.png

Chenfeng He

京都大学 医学部 乳腺外科 D4

自己紹介

I am currently a Ph.D candidate at Breast Cancer Dept. and INFRONT Dept., Kyoto University. My research interests include exploring the immune reaction to breast cancer, developing improved strategies for combination immunotherapy for breast cancer and data mining, etc.

経歴

2019-current

Ph.D student, Lab of Breast Cancer Dept, Kyoto University

(China Government Scholarship)

2018-2019

Research student, Lab of Breast Cancer Dept, Kyoto University

2016

Internship doctor, Orthopedics and Rehabilitation Hospital, Ho Chi Minh city, Vietnam

2015

Summer Training Programme on Hong Kong Healthcare System, The University of Hong Kong, China 

2012-2017

Undergraduate student, China Medical University, China

 
DSC_0006.JPG

前 島 佑 里 奈

MAESHIMA Yurina

京都大学 医学部 乳腺外科 D3

自己紹介

患者さんの診療にあたる中で、リンパ節転移について強く興味をもちました。
現在は乳がん患者さんの手術検体を用いて、リンパ節転移に関する研究を行っています。

経歴

2020年-現在
京都大学大学院医学研究科 医学専攻 博士課程
日本学術振興会特別研究員DC2)

 
iOS の画像.jpg

中 村 有 輝

NAKAMURA Yuki

京都大学 医学部 乳腺外科 D2

自己紹介

臨床と基礎研究の双方から、がんによる個体の不調について明らかにしていきたいです。                   日々あたらしい発見や学びがあり、楽しく充実しています。

経歴

2021〜現在

京都大学医学研究科 医学専攻 博士課程


2020〜2021年

京都大学医学部附属病院 乳腺外科 医員


2016〜2020年

三菱京都病院 外科 後期研修医

2014〜2016年

大和高田市立病院 初期研修医

2008〜2014年

京都大学医学部医学科

2005〜2008年

灘高等学校

 
lab photo.jpg

Don Pietro Saldajeno

奈良先端科学技術大学院大学 D2

自己紹介

My main research interest is the use of data science and mathematics to
solve problems in the biomedical field, especially in the field of
cancer biology. As of now, large amounts of omics data have been
produced and are publicly accessible in online databases. However, it is
not easy to understand and interpret such vast amounts of data. 
Understanding and interpretation of big data requires the use
mathematical methods and statistical methods, collectively referred to
as data science. My goal is to analyze omics data in order to uncover
the nature of cancer and other diseases, and aid in the development of
effective therapies for these diseases.

経歴

2021-current

Doctor of Science in Computational Biology, Nara Institute
of Science and Technology

2019-2021

Master of Science in Computational Biology, Nara Institute of
Science and Technology

2018-2019

Research student, Nara Institute of Science and Technology

2015-2018

Research assistant, National Institute of Molecular Biology
and Biotechnology, University of the Philippines Diliman

2010-2015

Bachelor of Science in Geology, University of the Philippines
Diliman

 
unnamed-2.jpg

桑 原 傑

KUWAHARA Suguru

東北大学医学部医学科3年

自己紹介

大学のカリキュラムの一環でこの研究室で勉強させていただけることになりました。
三ヶ月半と短い期間ですが、研究室生活がどのようなものかを体験し、最後の発表会では自分なりの形で発表をまとめたいと思っています。

経歴

2020年

東北大学医学部医学科


2017年-2020年

市川高等学校

 
長谷川くん_edited_edited.jpg

長 谷 川 隆 晃

HASEGAWA Takaaki

東北大学医学部医学科3年

自己紹介

趣味:麻雀、YouTube、寝ること
好きな食べ物:ネギトロ
チャームポイント:美脚
一言:一生懸命頑張ります!!!

経歴

2020年

東北大学医学部医学科


2017年-2020年

仙台第二高等学校

 
SDIM1813.JPG

過去の在籍者 / Alumni

研究員 / Post-doctoral fellows

  • Hiroaki Hojo (2015-2020)

  • Glicia Maria de Almeida (2020-2021)

  • Sora Enya (2014-2018)

学生 / Students

  • Rin Mizuno (2018-2022)

  • Yu Suezawa (2018-2019)

  • Miki Arai (2014-2018)